« | 2017/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Daisuke Bundo

Daisuke Bundo

分藤大翼
アフリカの熱帯雨林でBaka族の調査研究と記録映画の制作をおこなっています。
長野県松本市在住。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FESPACO(5) Thierry Michel


2007年のFESPACO(フェスパコ)では、Le Côté Docというドキュメンタリー部門の催しがあり、連日にわたってアフリカのドキュメンタリー映画と映画作家の現在と未来について議論が交わされました。

017_convert_20100306231328.jpg

左から2番目がベルギーのThierry Michel。FESPACOで最も高く評価されている西欧の映画監督。(僕の目標となっている映画監督の一人です。)ティエリー・ミッシェルは1990年代よりコンゴ民主共和国(旧ザイール)で断続的に映画を制作しています。いずれの作品も国際的に高い評価を受けています。特に2005年に完成し、2007年のFESPACOでも上映された«Congo River»は、「歴史の闇をたどる ~コンゴ河 4千キロの旅~」というタイトルで、日本でもテレビ放映されました。


203_convert_20100306225616.jpg


ティエリー・ミッシェルのコンゴ4部作はDVDで発売されています。
Thierry Michel Collection

そして、2009年のFESPACOで上映された《Katanga Business》。
これは、コンゴ民主共和国のカタンガで行われている採掘事業の現状を描いた作品で、現場の様子が見事に捉えられています。FESPACOでもとてもうけていました。個人的には《Congo River》よりも格段に面白い作品だと思いますので、日本でも紹介されることを祈念しています。

こちらでDVDを購入することができます。

《Congo River》に関するインタヴューはこちら
《Katanga Business》に関するインタヴューはこちら



人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

Fudge&Coffee«  | HOME |  »夕景

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jengi.blog122.fc2.com/tb.php/63-bd6f2ae6

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。