« | 2017/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Daisuke Bundo

Daisuke Bundo

分藤大翼
アフリカの熱帯雨林でBaka族の調査研究と記録映画の制作をおこなっています。
長野県松本市在住。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカの伝統音楽


commmons: schola vol.11 Kenichi Tsukada & Ryuichi Sakamoto Selections: Traditional Music in Africa
コモンズ:スコラ第11巻『アフリカの伝統音楽

2月から本格的に制作が進行し、12月5日に発売の運びになりました。


DSC01223[1]_convert_20121229105208


選曲補・執筆・資料提供者として制作にたずさわりました。とても良いCDブックに仕上がったと思っています。

26曲のうちの18曲は、坂本龍一さん、塚田健一さんという2大教授が厳選した13枚のアルバムから選曲されており、現在入手が困難なものも少なくありません。また、残りの8曲は、制作にたずさわった3人の研究者が現地録音したもので、他では聞くことのできないものです。要するに「とても貴重なCD」となっています。

こちらで全曲のサンプル試聴ができます。

僕としては、このCDが良質なものになったことが一番の喜びです。

「大切なことは、言葉の説明ではなく音に触れてもらうこと、つまり『モダンな』響きをもった伝統音楽を実際に聴いてもらうことで、それまでに持っていたアフリカ音楽のイメージを刷新するような機会を作りたい。そして、我々に新しい世界を示唆してくれるアフリカの姿を伝えたいという気持ちがあります。」(座談会における塚田健一氏の言葉)

ブックレットのメインである座談会は“境界線上に響くアフリカの「モダン」”と題して、人と音との関わりの根源から現代の「音楽」のありようを再考する内容になっています。こちらも豊富な内容が分かりやすく語られていて、僕も多くを学びました。

その他、全曲の解説、本CDに納めることができなかった名曲の数々を紹介する推薦版や人類史を視野に入れた音楽年表など充実した一冊となっています。


本企画との関わりは、ウェブ上で公開される特別講義への出演。NHKで放映される「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」の「アフリカの音楽編」への出演へと続きます。

多くの方にアフリカ音楽の魅力をお伝えできるように頑張りたいと思っています。

続報についても、お知らせしてゆきます。

『アフリカ、森の民の音楽と食事』展«  | HOME |  »個展

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jengi.blog122.fc2.com/tb.php/261-c981b2f7

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。