« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Daisuke Bundo

Daisuke Bundo

分藤大翼
アフリカの熱帯雨林でBaka族の調査研究と記録映画の制作をおこなっています。
長野県松本市在住。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工芸の五月

に手にしたもの。


逕サ蜒・030_convert_20110530165047

岡澤悦子さんのピッチャー

初めて見るのに「あー、これこれ」と思うのはなぜなのでしょう。


ナカオタカシさんの名刺入れ

逕サ蜒・040_convert_20110530165257

吸い寄せられるような不思議な質感をもつこの素材は、
ガラス繊維に合成樹脂を浸み込ませて貼り重ねたもの。
FRP(Fiber Reinforced Plastics)というのだそう。

逕サ蜒・039_convert_20110530165229

クラフトフェアの会場で、どの色にしようか迷っていた僕の姿は、
ナカオさんの印象に残るほど奇妙だったみたいです。
後でお会いした際にそう言われました。

逕サ蜒・010_convert_20110530164643

あがたの森の講堂では、作業の工程が丁寧に紹介されていました。
たいへんな手間ひまがかかっていることがよく分かりました。

写真のとおり、いろんな色があるので、しかもどれも良い色なので、
僕が色選びに迷ったのも、やむをえないことだったと思います。
難しい顔をしていたに違いありませんが、楽しんでいたのです。ものすごく。

大切に使わせてもらいます。


そして、tadokorogaroで購入した伊藤環さんの器。


逕サ蜒・008_convert_20110531135723


数ある器のなかで、この少しずんどうな感じの器にしました。

在庫をすべて出していただいて、手にとってじっくりと感触を確かめ、
よりアンバランスに感じるものを選びました。

なぜか器が少し笑っているような感じがします。
見るたびに気持ちが少しほぐれます。

人と物との関係がますます面白くなってきました。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ

池上邸«  | HOME |  »クラフトフェア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jengi.blog122.fc2.com/tb.php/180-a5ed2402

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。