« | 2017/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Daisuke Bundo

Daisuke Bundo

分藤大翼
アフリカの熱帯雨林でBaka族の調査研究と記録映画の制作をおこなっています。
長野県松本市在住。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ映画+講演


PARC自由学校の「アフリカー人びとのチカラ」クラスにおいて、カメルーン映画の上映と講演をおこないます。

始めに、親交のあるシリル・マッソ監督(カメルーン在住)の長編劇映画『告白』を上映し、本作が審査員特別賞を受賞したアフリカ最大の映画祭FESPACOについて、さらに世界的に注目されているジャン=ピエール・ベコロ・オバマ監督を中心に、アフリカ映画の現状についてお話ししたいと思っています。

アフリカに、アフリカ映画に関心のある方は是非ご参加下さい。


--以下、PARC自由学校による案内文--


PARC自由学校 特別オープン講座
「映画にはえるアフリカ―アフリカ映画のチカラ」

アジア太平洋資料センター(PARC)は1982年からオルタナティブな学び場としてPARC自由学校を開講しています。本年度自由学校では「アフリカー人びとのチカラ」クラスも開講しています。

アフリカ-人びとのチカラ

本クラスの10回目の講義をこの度、特別にPARC自由学校受講生以外の方がたも参加できるスペシャル講義にいたしました。アフリカの都市に生きる若者の姿を描いたカメルーン映画『告白』も上映いたします。


 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
「映画にはえるアフリカ―アフリカ映画のチカラ」

◆11月20日(土)13:00~16:00
◆参加費:2000円
◆講師:分藤大翼さん(信州大学全学教育機構准教授)
講師コメント:
もはやアフリカは外から覗かれてばかりはいません。
アフリカの人々がアフリカのことをどのように見据えているのか。
「アフリカの見方」をアフリカ映画から学びましょう。

◎プログラム:
13:00~14:20 映画『告白』(監督シリル・マッソ/カメルーン/80分)上映
14:30~16:00 講義

☆作品紹介:『告白』☆
「アフリカ映画祭FESPACO審査員特別賞」受賞作品。シリル・マッソの長編劇映画デビュー作。カメルーン文化省やフランス外務省(Le Fonds Images Afrique)、スウェーデンのイェーテボリ国際映画祭などから資金を得て本格的に制作。10年も前から構想し6度脚本を書き直して制作に臨んだという。
撮影後の作業の一部はフランスでもおこなっているが、撮影は全てカメルーンの首都ヤウンデでおこなわれている。「都市に生きる若者と麻薬の問題」が主要なテーマとなっており、若者の生活を内側から描いた稀な作品として高い評価を受けている。
分藤大翼さんのHP

予約制といたしますので以下にご連絡ください。
アジア太平洋資料センター自由学校
TEL:03-5209-3450
FAX:03-5209-3453
E-mail:office@parc-jp.org
(担当:京野楽弥子)
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


花«  | HOME |  »上映と講演

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jengi.blog122.fc2.com/tb.php/147-22cefb7e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。